エースホームの坪単価

2000年に創業したエースホーム。

 

エースホームは、エス・バイ・エルとLIXILグループの共同出資によって作られたフランチャイズ制のハウスメーカーです。

 

このサイトでは、エースホームの坪単価や値引きなどの情報を詳しく紹介しています。

 

 

 

エースホームの坪単価の相場

家を建てるにあたっても、実際値引きというのは重要なポイントになってきます。たくさんのハウジングメーカーの中から、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、予算にも上限がありますので、予算的に、その希望のものに手が届かない、という事も有るのではないでしょうか。

 

 

 

こういった中で、各ハウジングメーカーの出している価格に加えて、値引きの値幅というのを、きちんとおさえておきたいものです。どれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかも違ってくるでしょう。

 

 

 

こういったなかでエースホームについてみてみたいと思います。エースホームですが、東京新宿区に本部がある、フランチャイズシステムのハウスメーカーです。このエースホームの商品の特徴としては、美的耐久性を重視した『戸建住宅』ということがいわれています。

 

 

 

エースホームの坪単価の目安は、だいたい40万円〜60万円となっています。大手の高いハウジングメーカーよりは、安いともいえますが、それなりの価格ともいえそうです。見た目などの評判はよいですので、もう少し単価が安ければ、と思うかたもいるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、実際、ハウジングメーカーの中でも、値引きについては、やり方が分かれてくるところです。

 

 

 

基本的に、積水や三井のようなベースが高い高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引、というようなパターンが見られます。

 

 

 

そのため、高い値引きがあったというケースでは、もともと単価の高い家が前提であったり、太陽光発電といったような金額の大きなオプションをつけて、そこから値引きというような形が多いのではないかといえます。

 

 

 

これに対して、中小だと、キャンペーンなどによって値引きがあったりもしますが、あとは交渉次第ということろもいえそうです。エースホームについても、契約の前段階で、こちらの予算を伝えて、しっかりと交渉することが必要といえそうです。

 

エースホームのキスキスの坪単価

エースホームでは商品のラインナップも豊富に用意されているため、ライフスタイルや予算に応じて自由に選択することができますが、『普通の家ではつまらない!』と感じている方には、ワクワクする暮らしを提案されている「キスキス」がお勧めです。

 

キスキスでは、ワクワクする暮らしをコンセプトに様々な提案がなされています。

 

例えば、キスキスでは和室を思い切って土間スペースとして活用されています。

 

土間アトリエにすることで、室内でガーデニングしたり、趣味のバイクを置くスペースになったり、小さなお子さんがおられるご家庭では遊び場など、多様な使い方が可能となりました。

 

そして、リビングの吹き抜けも実現されていたり、セカンドリビングという提案がなされており、程よい距離感を保てるためストレスフリーな暮らしが可能となります。

 

キスキスでは、カフェのようなキッチンを作ったり、リビングから青空や月を見上げることができるような、大胆な吹き抜けリビングを作ることも可能とされていますが、キスキスで建てる場合の坪単価も気になりますよね。

 

エースホームの坪単価としては、40万〜60万円程度が一つの目安となっており、比較的ローコストでの家造りを実現されているメーカーのようです。

 

しかし、キスキスの場合、坪単価40万円程度での建築は厳しいようで、坪単価としては50万円前後〜と考えておく必要がありそうです。

 

一般的に、凸凹のない真四角の箱型の外観だと建築費用を安く抑えることができると言われていますが、キスキスの外観は凸凹しており、このあたりも建築費用を高くする要因だと言われています。

 

仮に、キスキスの坪単価を50万円とし、30坪〜40坪程度の大きさの家を建てる場合の建築費用は、1500万〜2000万円という計算になります。

 

もちろん、仕様や設備、オプションなどによって坪単価は異なってくるため、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

ちなみに、エースホームの値引き事情ですが、基本的に値引きをしない方針のようです。
もともと、坪単価が安く設定されているメーカーなので、値引きは限界なのでしょうけど、フランチャイズとして展開されていますので、店舗によっては対応が異なるかもしれません。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

エースホームや他ハウスメーカーの間取りプランと費用総額資料がもらえます↓

 

 

 

エースホームの平屋の価格

平屋住宅は生活導線がフラットで一体感があり、いつも子どもたちの様子を確認できたり、目がいき届くため安心感があり、平屋住宅は若い世代の方々からも人気を集めています。

 

 

多くのハウスメーカーでは、平屋の取り扱いがあり様々なプランが用意されていますが、平屋プランの多くは、主にシニア世代の方々向きの間取りがメインとなっています。

 

 

しかし、エースホームでは子育て世代に向けた平屋のプランが用意されています。

 

 

エースホームの『Andy』のラインナップの一つに『アンディ 平屋』が用意されており、予算が限られていても手が届きやすい価格設定になっており、主に若い世代の方々をターゲットとした商品です。

 

 

エースホームの平屋住宅は、シンプルモダンなデザインをベースに家族と過ごす時間を大切にできるように様々な配慮がなされています。さらに、玄関横の土間収納スペースを充実させることで、ベビーカーや自転車などを収納することができますし、寝室のウォークインクローゼットなどなど、収納スペースにもしっかりと配慮されています。

 

 

エースホームの公式サイトには、暮らしの参考例として間取りなどが紹介されていますので、是非参考にされて下さい。

 

 

エースホームの『Andy平屋』は手が届きやすい価格設定となっていますが、エースホームで平屋を建てる場合の価格が気になります。そこで、エースホームで平屋を建てる場合の価格帯を調べてみました。

 

 

アンディ平屋が発売開始した当時の情報がありましたので紹介します。

 

 

 

 

延床床面積24.96坪、参考本体価格1,095万円(税込)からと記載されていました。

 

 

 

ちなみに、長期優良住宅に対応、この平屋の坪単価は約45万円という計算になります。

 

同じぐらいの坪単価にタマホームが挙げらます。

 

合わせて読みたい記事→タマホームの坪単価・評判を徹底解説

 

エースホームの値引きについて

家を建てるにあたっても、実際値引きというのは重要なポイントになってきます。

 

 

たくさんのハウジングメーカーの中から、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、予算にも上限がありますので、予算的に、その希望のものに手が届かない、という事も有るのではないでしょうか。

 

 

 

こういった中で、各ハウジングメーカーの出している価格に加えて、値引きの値幅というのを、きちんとおさえておきたいものです。どれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかも違ってくるでしょう。

 

エースホームについてみてみたいと思います。エースホームですが、東京新宿区に本部がある、フランチャイズシステムのハウスメーカーです。このエースホームの商品の特徴としては、美的耐久性を重視した『戸建住宅』ということがいわれています。

 

 

坪単価の目安は、だいたい40万円〜60万円となっています。大手の高いハウジングメーカーよりは、安いともいえますが、それなりの価格ともいえそうです。見た目などの評判はよいですので、もう少し単価が安ければ、と思うかたもいるのではないでしょうか。

 

 

ただ、実際、ハウジングメーカーの中でも、値引きについては、やり方が分かれてくるところです。基本的に、積水や三井のようなベースが高い高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引きというようなパターンが見られます。

 

 

そのため、高い値引きがあったというケースでは、もともと単価の高い家が前提であったり、太陽光発電といったような金額の大きなオプションをつけて、そこから値引きというような形が多いのではないかといえます。

 

 

これに対して、中小だと、キャンペーンなどによって値引きがあったりもしますが、あとは交渉次第ということろもいえそうです。エースホームについても、契約の前段階で、こちらの予算を伝えて、しっかりと交渉することが必要といえそうです。

 

ハウスメーカーとの値引き交渉方法はこちらで>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

エースホームではローコストながら、高断熱や省エネ住宅にも定評があるように、断熱に関しては2020年の断熱基準を標準とされています。エースホームではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にも対応されています。そもそもZEHとは、住まいの断熱性や省エネ性を高め、そして太陽光などを搭載しエネルギーを創...

エースホームの『Andy』のラインナップの一つに『Andy二世帯』が用意されています。二世帯住宅の暮らし方にはいくつかスタイルがありますが、エースホームではほどよい距離感で同居ができるコンパクトな二世帯住宅を提案しています。二世帯で一緒に過ごす時間、それぞれの時間を尊重するなど、どちらの時間も大切に...

住宅の購入は人生の中でもとても大きな買い物となりますので、それなりの決断力が必要となってきます。しかし、大きな決断をして購入したものの、実際に住み始めてみると欠陥住宅だった・・・なんて失敗は許せませんよね。建売住宅であっても注文住宅であっても欠陥は許せないものです。しかし、実際はハウスメーカーで建て...

マイホームを建てるにあたって、どうやってハウジングメーカーを選べばいいか、と迷ってしまいます。たくさんの住宅展示場にいくのも、なかなか大変です。こういったときには、インターネットなどで、評判というのを見てみるのも、参考になるものです。このエースホームですが、フランチャイズシステムのハウスメーカーで、...

素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。実際、今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は低いということがいわれています。とはいっても、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。これはあくまでも確率的なものだという事も言われますが、...

マイホームを建てるにあたって、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、こういったときには、インターネットなどで、口コミや評判というのを見てみるのも、参考になるものです。エースホームについても、口コミなどを見てみたいと思います。エースホームはフランチャイズシステムのハウスメーカーです、東京新宿区...

page top