エースホーム 坪単価

エースホームの『Andy』のラインナップの一つに『Andy二世帯』が用意されています。

 

 

 

二世帯住宅の暮らし方にはいくつかスタイルがありますが、
エースホームではほどよい距離感で同居ができるコンパクトな二世帯住宅を提案しています。

 

 

 

 

二世帯で一緒に過ごす時間、それぞれの時間を尊重するなど、どちらの時間も大切にできるように、二世帯がストレスを感じることなく、気兼ねなく過ごせるような工夫やアイデアを間取りに反映されるなどの配慮がなされています。

 

 

 

 

エースホームの公式サイトを見ると、暮らしの参考例として間取りなどが紹介されています。

 

 

 

 

二世帯で暮らすには、家事を分担できる、怪我や病気の時に助け合えるなど様々なメリットがありますが、デメリットとして建築費用が高くなるということがあげられますが、エースホームの二世帯で建てる場合の価格はどれぐらいなのでしょうか。

 

 

 

 

エースホームの二世帯住宅の価格帯を調べてみました。

 

 

 

 

エースホームの二世帯住宅の商品が発売開始した当時の販売価格ですが、1597万円からといった情報がありました。

 

 

 

 

 

ちなみにこの二世帯住宅は、玄関やキッチン・バスなどの多くのスペースを両世帯で共有するタイプの二世帯住宅として紹介されていました。

 

 

 

エースホームでは、限られた敷地や予算を考え、完全分離型の二世帯住宅ではなく、融合同居型をベースにプランされており、融合同居型のコンパクトな二世帯住宅を提案されているため、二世帯の建築費用は安く抑えることができるようです。

続きを読む≫ 2016/03/16 01:55:16

住宅の購入は人生の中でもとても大きな買い物となりますので、それなりの決断力が必要となってきます。

 

 

 

しかし、大きな決断をして購入したものの、実際に住み始めてみると欠陥住宅だった・・・なんて失敗は許せませんよね。

 

 

 

 

 

建売住宅であっても注文住宅であっても欠陥は許せないものです。

 

 

 

 

 

しかし、実際はハウスメーカーで建てても工務店で建てても、担当の大工さんの腕次第といったところがあり欠陥といったトラブルは避けられないのが現状です。

 

 

 

 

 

中には、ローコスト系のハウスメーカーは大手と比較するとあまりに価格が安く設定されているので欠陥住宅なのではないか?と思われる方もおられるようです。

 

 

 

 

 

 

ローコスト系のハウスメーカーというだけで欠陥住宅というわけではありませんが、工期が短く設定されており工期に間に合わせるために手抜き工事をされてしまい、欠陥に繋がることもあるようです…。

 

 

 

 

 

エースホームは、エスバイエルとトステムが合併し誕生した会社です。

 

 

 

 

フランチャイズ展開をされているハウスメーカーで、家の出来栄えには大工さんの腕次第といったところがあるようです…。

 

 

 

 

実際にエースホームの評判を調べていると、以下のような評判がありました。

 

 

 

 

 

「結局は工事をする下請けが良いか悪いかだと思います。
我が家の場合ですが、外壁の一部ですが切って捨てるのは、勿体ないから着けちゃえ!と思ってしまうような施工がありました。」

 

 

 

 

 

ハウスメーカーの評判を調べると、確かに欠陥の噂が多いようなところもありますが、エースホームの評判を見る限り、そこまで欠陥が多いといったハウスメーカーではないという印象を受けます。

 

 

 

 

 

また、口コミを見る限りエースホームでは建築後多少のトラブルはあっても、それほど大きな不具合などがあった、裁判を起こしたなどの情報は見当たりませんでした。

続きを読む≫ 2016/03/16 01:53:16

平屋住宅は生活導線がフラットで一体感があり、いつも子どもたちの様子を確認できたり、目がいき届くため安心感があり、平屋住宅は若い世代の方々からも人気を集めています。

 

 

 

多くのハウスメーカーでは、平屋の取り扱いがあり様々なプランが用意されていますが、平屋プランの多くは、主にシニア世代の方々向きの間取りがメインとなっています。

 

 

 

しかし、エースホームでは子育て世代に向けた平屋のプランが用意されています。

 

 

 

 

エースホームの『Andy』のラインナップの一つに『Andy平屋』が用意されており、
予算が限られていても手が届きやすい価格設定になっており、主に若い世代の方々をターゲットとした商品です。

 

 

 

 

エースホームの平屋住宅は、シンプルモダンなデザインをベースに家族と過ごす時間を大切にできるように様々な配慮がなされています。

 

 

 

 

 

さらに、玄関横の土間収納スペースを充実させることで、ベビーカーや自転車などを収納することができますし、寝室のウォークインクローゼットなどなど、収納スペースにもしっかりと配慮されています。

 

 

 

 

エースホームの公式サイトには、暮らしの参考例として間取りなどが紹介されていますので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

 

エースホームの『Andy平屋』は手が届きやすい価格設定となっていますが、エースホームで平屋を建てる場合の価格が気になります。

 

 

 

 

 

そこで、エースホームで平屋を建てる場合の価格帯を調べてみました。

 

 

 

 

エースホームの『Andy平屋』が発売開始した当時の情報がありましたので紹介します。

 

 

 

 

延床床面積24.96坪、参考本体価格1,095万円(税込)からと記載されていました。

 

 

 

 

 

ちなみに、長期優良住宅に対応、この平屋の坪単価は約44万円という計算になります。

 

 

 

 

ただ、本体価格と記載されていますので、実際の建築費用はこれよりも高くなりますので注意して下さい。

 

 

 

下記のタウンライフは無料で各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランなどがもらえます。

 

 

一度に比較できるので各ハウスメーカーをまわる事なくすみますのでおすすめです♪

 

 

続きを読む≫ 2016/03/16 01:49:16

家を建てるにあたっても、実際値引きというのは重要なポイントになってきます。

 

 

 

たくさんのハウジングメーカーの中から、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、予算にも上限がありますので、予算的に、その希望のものに手が届かない、という事も有るのではないでしょうか。

 

 

 

こういった中で、各ハウジングメーカーの出している価格に加えて、値引きの値幅というのを、きちんとおさえておきたいものです。どれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかも違ってくるでしょう。

 

 

 

こういったなかでエースホームについてみてみたいと思います。エースホームですが、東京新宿区に本部がある、フランチャイズシステムのハウスメーカーです。このエースホームの商品の特徴としては、美的耐久性を重視した『戸建住宅』ということがいわれています。

 

 

 

坪単価の目安は、だいたい40万円〜60万円となっています。大手の高いハウジングメーカーよりは、安いともいえますが、それなりの価格ともいえそうです。見た目などの評判はよいですので、もう少し単価が安ければ、と思うかたもいるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、実際、ハウジングメーカーの中でも、値引きについては、やり方が分かれてくるところです。基本的に、積水や三井のようなベースが高い高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引きというようなパターンが見られます。

 

 

 

そのため、高い値引きがあったというケースでは、もともと単価の高い家が前提であったり、太陽光発電といったような金額の大きなオプションをつけて、そこから値引きというような形が多いのではないかといえます。

 

 

 

これに対して、中小だと、キャンペーンなどによって値引きがあったりもしますが、あとは交渉次第ということろもいえそうです。エースホームについても、契約の前段階で、こちらの予算を伝えて、しっかりと交渉することが必要といえそうです。

 

 

下記のタウンライフは、無料でエースホームやその他ハウスメーカーの総額表や間取りが無料でもらえます。

 

 

他のハウスメーカーの値段を知る事で値引き交渉が進めやすくなりますので、事前に他社の総額も知っておいて損はないですよ。

 

 

また、いろんな会社の間取りが参考にできるのもおススメのポイントです。

 

 

続きを読む≫ 2015/01/17 13:18:17

家を建てるにあたっても、実際値引きというのは重要なポイントになってきます。たくさんのハウジングメーカーの中から、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、予算にも上限がありますので、予算的に、その希望のものに手が届かない、という事も有るのではないでしょうか。

 

 

 

こういった中で、各ハウジングメーカーの出している価格に加えて、値引きの値幅というのを、きちんとおさえておきたいものです。どれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかも違ってくるでしょう。

 

 

 

こういったなかでエースホームについてみてみたいと思います。エースホームですが、東京新宿区に本部がある、フランチャイズシステムのハウスメーカーです。このエースホームの商品の特徴としては、美的耐久性を重視した『戸建住宅』ということがいわれています。

 

 

 

坪単価の目安は、だいたい40万円〜60万円となっています。大手の高いハウジングメーカーよりは、安いともいえますが、それなりの価格ともいえそうです。見た目などの評判はよいですので、もう少し単価が安ければ、と思うかたもいるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、実際、ハウジングメーカーの中でも、値引きについては、やり方が分かれてくるところです。

 

 

 

基本的に、積水や三井のようなベースが高い高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引、というようなパターンが見られます。

 

 

 

そのため、高い値引きがあったというケースでは、もともと単価の高い家が前提であったり、太陽光発電といったような金額の大きなオプションをつけて、そこから値引きというような形が多いのではないかといえます。

 

 

 

これに対して、中小だと、キャンペーンなどによって値引きがあったりもしますが、あとは交渉次第ということろもいえそうです。エースホームについても、契約の前段階で、こちらの予算を伝えて、しっかりと交渉することが必要といえそうです。

続きを読む≫ 2015/01/17 13:17:17

マイホームを建てるにあたって、どうやってハウジングメーカーを選べばいいか、と迷ってしまいます。たくさんの住宅展示場にいくのも、なかなか大変です。こういったときには、インターネットなどで、評判というのを見てみるのも、参考になるものです。

 

 

 

このエースホームですが、フランチャイズシステムのハウスメーカーで、東京新宿区に本部があります。全国展開をしていて、今では、全国に61の加盟店があります。

 

 

 

エースホーム自体は、あまり聞き覚えがないハウジングメーカーとなるかもしれませんが、このエースホームは、ハウスメーカーのエス・バイ・エルと住宅建材メーカーのトステム(現LIXIL)が、2000年11月に共同出資して設立した会社となります。

 

 

 

こういった背景を知ると、バックグラウンドがしっかりしたハウジングメーカーともいえそうです。

 

 

 

エースホームの工法は、木造軸組工法です。そして、評判のよいところとしては、全棟「長期優良住宅」に適合しているということがいえるでしょう。

 

 

 

さらには、全棟「省令準耐火仕様」を標準化・耐火性が高く火災保険料も安いということがあげられていて、これもエースホームのメリットといえそうです。こういったところを、全ての家に適用しているというのが、エースホームの評判のよさといえそうです。

 

 

 

また、躯体の外に給排水管を配管しメンテナンスを楽にしているというのも、住み始めてからのことを考えると、評判の高いものになっています。

 

 

 

自分にとって、メリットの多いハウジングメーカーを選びたいものですが、それぞれ、家に求めるものは違ってきます。

 

 

 

こういった中で、エースホームでは、ミキハウス子育て総研が認定する「子育てにやさしい住まい」に適合する住宅(アンディ・ニード)や、 光熱費0住宅(エコクラス)など、家庭ごとのライフスタイルに合わせたプランも多く提供していますので、こういったところでも評判もよく、自分に合ったものを選ぶことができそうです。

 

 

 

大手ハウスメーカーで有名な「タマホーム」、そんなタマホームの評判や口コミが気になる方は、下記を参考にして下さい。

 

 

参考ホームページ:タマホーム 評判

続きを読む≫ 2015/01/17 13:15:17

素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。実際、今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は低いということがいわれています。とはいっても、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。

 

 

 

これはあくまでも確率的なものだという事も言われますが、しかし、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

 

マイホームを探すなかで、住宅情報などをしっかりと見ている方だと、そういった記載の中に、耐震等級1とか、3とかいうものを見たことがある人もいるかもしれません。

 

 

このように、耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。

 

 

 

エースホームの家についてみてみると、とくにこういった耐震等級について、細かく述べているようなものはないようです。とはいっても、注文住宅についてもこだわりのあるハウジングメーカーとなりますから、エースホームで家を建てる場合には、事前に確認をしてみるとよいでしょう。

 

 

 

基本的には、耐震等級2以上にすることによって、より計画の信頼度が上がると考えて良いと言う事になります。

 

 

 

もともと、マイホームを耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められている簡易な検討方法で検討すれば良いことになってますので、比較的容易だといえるでしょう。

 

 

 

ここからさらに等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいきません。

 

 

 

ふつうの2階建てのマイホームであっても「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。コストもだいぶかかってくる可能性がありますので、そのあたりは要相談となってきます。

 

 

 

なので、こういったものを確認したうえで、より詳しい耐震性能などについては、営業の人などに聞いてみましょう。

続きを読む≫ 2015/01/17 13:13:17

マイホームを建てるにあたって、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、こういったときには、インターネットなどで、口コミや評判というのを見てみるのも、参考になるものです。

 

 

エースホームについても、口コミなどを見てみたいと思います。エースホームはフランチャイズシステムのハウスメーカーです、東京新宿区に本部があります。全国展開をしていて、今では、全国に61の加盟店があります。

 

 

エースホームというと、あまり聞き覚えがないハウジングメーカーとなるかもしれませんが、このエースホームは、ハウスメーカーのエス・バイ・エルと住宅建材メーカーのトステム(現LIXIL)が、2000年11月に共同出資して設立した会社となります。

 

 

そういったいみでは、バックグラウンドがしっかりしたハウジングメーカーともいえそうです。

 

 

エースホームに対する口コミですが、設計やデザインがいい、また、住み心地の良い、といったものが聞かれます。このエースホームの単価は、だいたい40万全前後となっているようですので、いい家が比較的安価に建てられるというところで、いい口コミが多いようです。

 

 

実際、好評な理由としては、設計の自由度が高いこと、そして、やはりデザインの良い家だということがいえそうです。

 

 

 

ただ、もちろん評判にはいいものも有れば悪いものもあります。これは加盟店によっても違うようですが、施工が荒かったり、不具合があったり、といったような口コミもみられます。

 

 

また、依頼先から引継いだ加盟店からぞんざいに扱われるなどの口コミもあるようですので、加盟店によって、注意が必要だともいえそうです。

 

 

 

実際、口コミを見てみると、具体的なものから、印象について述べたものなど、いろいろです。そしてもちろん、いいものだけではなく悪いものもあります。

 

 

 

メリットとデメリットはある意味コインの裏表ともいえますので、いいところがあれば、その反面デメリットとなる部分もでてきてしまうものですので、こういたものを偏りなく見ていくことが大切です。

続きを読む≫ 2015/01/17 13:12:17